欢迎来到日韩道教育,体验日韩语纯正之道!

当前位置:首页  >  日语  >  备考加油站

如何写出优秀的简历

  • 来源:日韩道教育
  • 编辑:日韩道小编
  • 发布日期:2016/3/29 12:13:13

摘要:许多公司招聘,往往都要先筛选简历,再安排笔试面试。因此,求职过程中,一份好的简历就会成为一块有利的“敲门砖”。对于应聘日语职位,或是希望进入日企工作的同学们来说,日语简历显得尤为重要。那么,如何才能做出一份漂亮的日语简历?

许多公司招聘,往往都要先筛选简历,再安排笔试面试。因此,求职过程中,一份好的简历就会成为一块有利的"敲门砖"。对于应聘日语职位,或是希望进入日企工作的同学们来说,日语简历显得尤为重要。那么,如何才能做出一份漂亮的日语简历?日语简历需要注意哪些地方呢?

 

■応募企業が求める人材にあわせた書き方がベター

■配合招聘企业需求的人才的写法更好

 

みなさんのアドバイス通り、「短所」という単語の意味をそのまま文字通り受け取り、マイナス評価につながる書き方は論外です。たとえば「仕事が遅い」「せっかちで失敗が多い」などは、完全にマイナス。また、ただ長所に通じる様に書くだけでも不十分です。

正如大家所建议的,按"缺点"这个词字面的意思直接来写出会造成负面评价的方式不可取。比如"工作慢""急躁常失败"等就完全是负面的了。此外,只写成优点的极端面也不全面。

 

たとえば、スピード感あふれる人材を採用したいと考えている企業にとってみれば、「スローペースな人材」は採用要件から外れます。また慎重にミスのない仕事ができる人材を求めている企業は「ミスをする人材」は採用要件から外れます。企業の募集要項をよく読み、特に求める人材像の欄は熟読した方が良いでしょう。そうすると、どのような性格の方が求められているかがわかってきます。

比如来看考虑录用有冲劲的人的企业,他们会把"慢条斯理的人"排除在录取条件之外。又比如在寻找能从事杜绝错误的工作的人才的企业则会把"会犯错的人"排除在录用条件之外。所以最好仔细阅读企业的招聘条件,尤其是熟读要求的人才类型的栏。如此一来,就能明白用人方在寻求何种性格的人才。

 

例えば、ある企業の募集要項で「状況に合わせたスピード感をもって臨機応変にかつ集中して物事に対して対応できる方」だとすれば、この企業に応募する場合、「短所:慎重に物事を進める性格のため、仕事がややスローペースになることが時々ある」としたら、スピード感に欠けると判断されてしまいます。

比如,某企业在招聘条件栏要求"能根据情况迅速临机应变,能集中精力应对事情",到该企业应聘时,如果写"缺点:性格偏重于谨慎处理事情,所以工作上常常会比较慢",这样用人方会认为你缺乏迅速反应能力。

 

この企業に応募する場合、自分で認識していなくても、「短所:スピードを重視するあまり、その物事だけに集中してしまう事がある」とすれば、短所欄を自己PR欄に変化させることができるのです。あくまで履歴書は自分をPRする書類ですので、一般的に自分で認識している短所を直球で書く必要はないのです。

如果要应聘该企业,就算自己没有意识,也要写"缺点:过于重视速度,常集中在某事上面",这样就把缺点栏变成了自我宣传栏。说到底简历还是宣传自己的东西,所以没必要把自己通常认为的缺点直白的写出来。

もちろん、本当に仕事が遅い…と自覚している場合は、入社後に苦労することになるので、あきらかな性格虚偽はおすすめできませんが。

你有留学综合征吗?

大家都在关注

  • 日本高校排名
  • 专业解析
  • 韩国高校排名
  • 日本成功案例
  • 专业解析

日韩语体验课程

手机号

城市

语言